占いの語源

鹿児島市で占いを予約して心と体を癒そう

鹿児島市で占いを予約して心と体を癒そう

鹿児島市占い予約する際は【らっぴーはうす】をご指名ください。四柱推命を用いて、ご本人の問題や気になる方との性格などを鑑定いたします。

占いは無料お試しメール鑑定も受け付けていますので、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所を明記してメールを送信してください。

鹿児島市だけでなく、県内にお住まいの方からのご予約もお待ちしています。

鹿児島市で占いの養成学校をお探しなら【らっぴーはうす】

鹿児島市で占いの養成学校をお探しなら【らっぴーはうす】

鹿児島市で占いに興味があるという方は、【らっぴーはうす】の養成学校をご利用ください。

占いの養成学校は通学をメインにしていますが、鹿児島市より遠方に住んでいる方、仕事が忙しいなどの理由で通学が難しい場合は、メールによる通信教育も対応可能です。

最初に教材費を入金していただきますと、後の受講料は分割でお支払い可能ですので、どうぞ気軽にお問い合わせください。

占いの語源は何でしょう?

現代では占いの種類も方法も多様化し、心の内を相談できるカウンセリングの性質も兼ね備えたものとして、悩みやストレス、不安、迷いなどを感じた時に占いに頼るという方が多くいらっしゃいます。困った時の道しるべともなる占いは、語源を知ることでその本質が見えてきます。

占い(うらない)

占い(うらない)という言葉の「うら」は心を意味します。なぜ心が「うら」なのかと説明すると、表には表れない内面という意味だからです。裏と同じ語源で、表に見えないものを表しています。

一方、占いの「ない」に関する語源は諸説あり、縄を綯う(なう)もしくは心に合う(あう)などと言われています。つまり、占いとは心を縄のように綯う、心と合うといった意味があるのです。

「占」という漢字

漢字の起源をたどると、ト(ぼく)と口の形になります。トは動物の骨や亀の甲羅の裏側部分に穴を掘り、その部分を焼くことでできた、ひび割れたト形のことです。日本でも卑弥呼が亀の甲羅を使って占いをしており、古代中国では王が天候や戦略などの神意を占っていたと言われています。

お役立ちコラム

鹿児島市で占いを学ぶなら【ヒーリングサロン らっぴーはうす】へ

名前 らっぴーはうす
住所 〒890-0045 鹿児島市武1丁目28-10 若原ハイツ307号室
TEL 070-7636-4392
URL http://refreshanzawa.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする